ゼニカルは過去に死亡例がある?

 

ゼニカルで過去に死亡例があります。

 

心配になる方が多いと思うので、
くわしく説明しましょう。

 

 

ゼニカルの死亡例はあるが、因果関係はないとされている

 

 

ゼニカルを使って命を落とした人は確かに存在します。

 

FDA(アメリカの厚生労働省のようなもの)の発表によれば、
ゼニカルを使った人のうちの13人が重い肝機能障害になって、
その中の2名が死亡している、とのことです。

参考文献:国立医薬品食品衛生研究所http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly8/14100708.pdf

 

ですが、FDAはゼニカルが原因ではないと判断しています。

 

根拠は3つです。

 

まず、ゼニカルを飲んで13人が肝障害になったわけですが、
「元々肝障害になってもおかしくなかった人」や「ゼニカル以外にも薬を飲んでいた人」が数名いました。
そのため、ゼニカルがすべての原因と判断できません。

 

また、そもそも医薬品を使っていても使っていなくても、
ある日突然、肝機能障害になる可能性は十分あります。

 

ですから、ゼニカルを使い始めてから肝臓の状態がおかしくなったからといって、
ゼニカルのせいであるとは言い切れないのです。

 

これらのことから、FDAは
ゼニカルのせいで原因ではないと判断しています。

 

 

ただし、注意が必要なダイエット薬もある!

 

 

ゼニカルは安心して使えます。

 

しかし、リスクの高いダイエット薬が存在することも確かです。

 

 

一例として、フェンフルラミンには要注意です。

 

以前、この成分が使われた薬を使って、
たくさんの方が命を落としたという事件があります。

 

フェンフルラミンには食欲をダウンさせる力があるので、
確かにダイエットに役立つことでしょう。

 

しかし、フェンフルラミンを使うことで、
死亡してしまうこともあると判明したのです。

 

具体的に言うと、フェンフルラミンを飲むと
肺高血圧症や心臓弁膜症などに襲われる可能性があります。

 

そのため、日本やアメリカではフェンフルラミンが購入できないルールになっています。

 

 

他には、シブトラミンという成分も非常に危ないです。

 

この成分にも食欲を落とす力がありますが、
命を落としている方が少なくありません。

 

シブトラミンを飲むと、心筋梗塞や心臓発作の発生率が上がるとされています。

 

 

以上のフェンフルラミンとシブトラミンが含まれたダイエット薬には
絶対に手を出さないようにしてください。
(そのほかのダイエット薬についても、入念に調べてから購入することをおすすめします。)

 

 

ゼニカルは安心して使えます

 

 

ダイエット薬には危険なものもあるのは事実ですが、
ゼニカルなら安心です。

 

 

そもそもゼニカルは病院で処方されるお薬です。

 

そのため、死亡するようなリスクはないと言えます。

 

 

もちろん、だからといって副作用がないわけではありません。

 

副作用として下痢になることはあります。

 

ゼニカルには脂肪の吸収を抑えて体外に出す力がありますが、
その関係上お腹を下す場合があります。
それと関連して、お腹が痛くなったりガスが出やすくなったりすることもあります。

 

しかし、命を危険にさらすような副作用ではありません。

 

 

世の中には色々なダイエット薬が流通していますが、
その中でもゼニカルはトップレベルで危険性が低いと言っていいでしょう。

 

 

なお、ゼニカルは病院にいかなくても通販で買えます。

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

ゼニカル通販※ゼニカル・ジェネリックを最安値で買えるところは?


TOPへ