ゼニカルは病院で処方できるの?保険は適用はできるの?

 

ゼニカルは病院で処方してもらえます。

 

しかし、保険は適用されません。

 

 

ゼニカルは保険適用されません

 

 

保険が効くと効かないとでは、
医薬品の値段は数倍変わりますよね。

 

ゼニカルは残念ながら一部例外を除いて保険は適用されません

 

 

例外というのは、
重度の肥満(BMIが35〜)だったり、
肥満の影響で健康上の問題を抱えている場合
を指します。

 

つまり、今すぐ痩せなければらない時のみ保険が効くということですね。

 

「ちょっと太っている」くらいでは保険は効きません。

 

「キレイになるためには痩せないといけない!」
と感じるかもしれませんが、それは医療目的ではなく
美容目的ですから、保険の対象外となります。

 

保険が効くのであれば「元々の薬価×0.3」の値段で買えますが、
そうでなければ「元々の薬価」でしか購入できません。

 

 

病院でゼニカルを買うと、いくらくらい?

 

 

ゼニカルは美容外科で買うのが基本です。
(もちろん全ての美容外科で売ってくれるわけでもないので、
前もって電話で聞いておくと安心です。)

 

あとは、皮膚科、消化器外科、形成外科などでも処方してもらえますが、
扱っているところはあまり多くありません。

 

 

また、ゼニカルは保険が効かない医薬品ですから、
医療機関ごとに金額が違います。
(その病院の判断で値段を決めて良いことになっているため)

 

そのうえで相場を紹介しておくと、このようになります。

 

ゼニカルの価格相場(1箱42錠)

  • 美容外科・・・およそ¥9,000
  • 消化器外科・・・およそ¥17,000
  • 形成外科・・・およそ¥10,000
  • 皮膚科・・・およそ¥18,000

 

 

さらに薬代以外の費用がかかってきます。

 

診察料金などのことも考えなければなりません。

 

ゼニカルを買う際の診察料金の目安

  • 初診・・・¥1,000〜¥3,000
  • 2回目以降・・・・¥800〜¥1,500

 

もちろん診察料金は「一回払ったら終わり」というものではなく、
そのたびに払う事になります。

 

一度に多くゼニカルを出してくれるのであれば、
診察料金が節約できますが、医者次第なので何とも言えません。
少しずつしか処方されない可能性が高いです。

 

トータルでは、
病院でゼニカルを買うときの出費は、
¥10,000〜¥21,000

という計算になります。

 

 

通販のほうが安いです

 

 

ゼニカルは通販で購入したほうが大幅に安いです。

 

ゼニカルを通販で買う場合は1箱¥6,657〜となります(1錠あたり¥160程度〜)。

 

病院の場合、
最も安い美容外科であっても診察代なども含めて1万円はかかります。

 

通販のほうが3千円以上安いですね。

 

病院へ通う煩わしさもないので、便利です。

 

しかも処方箋なしで買えます。

 

 

くわしくは以下の記事をチェックされてください。

 

>>ゼニカル通販※ゼニカル・ジェネリックを最安値で買えるところは?


TOPへ